25年という歴史と実績がアナログとデジタルを高次元で融合かつてない太さと艶を実現した新チューニングのDiscrete ClassAマイクプリアンプ「D-PRE」、ビンテージEQの特性を高精度で再現した「X-pressive EQ」を搭載。アナログ操作の裏ではDSPにより完全なデジタル処理を行い高品位な音質のままサウンドメイキングを実現、iPhone等を接続して直感的なコントロールも可能となりました。Premiumの称号のもとデザインされたMG Premiumシリーズが再びアナログミキサーの定義を変えてゆきます。

Main Features
  • インバーテッドダーリントン回路を採用した新チューニングのDiscrete Class Aマイクプリアンプ「D-PRE」を搭載。
  • 名機と言われるビンテージEQの特性を高精度で再現した「X-pressive EQ」を搭載。
  • LEDインジケーターを搭載しさらに進化した1-knob compを搭載。
  • 高品位なREV-Xと定番のSPXによるデュアルエフェクトを搭載。
  • DSPを搭載したステレオ・ハイブリッドチャンネルによる多彩な機能を搭載。
  • iPhone/iPodを使用した直感的な設定を可能にする「MGP Editor」を用意。
  • 堅牢さと低ノイズを実現する新設計のメタルシャーシを採用。
  • デザイン性にも長けた一体型のラックマウントアングルを搭載。
YAMAHA Mixing Console MGP 12X

  • インバーテッドダーリントン回路を採用した新チューニングのDiscrete Class Aマイクプリアンプ「D-PRE」を搭載。
  • 名機と言われるビンテージEQの特性を高精度で再現した「X-pressive EQ」を搭載。
  • LEDインジケーターを搭載しさらに進化した1-knob compを搭載。
  • 高品位なREV-Xと定番のSPXによるデュアルエフェクトを搭載。
  • DSPを搭載したステレオ・ハイブリッドチャンネルによる多彩な機能を搭載。
  • iPhone/iPodを使用した直感的な設定を可能にする「MGP Editor」を用意。
  • 堅牢さと低ノイズを実現する新設計のメタルシャーシを採用。
  • デザイン性にも長けた一体型のラックマウントアングルを搭載。
  • 6 Mic入力(各チャンネルに48Vファンタム電源とHPFを搭載)
  • 12 Line入力(4モノ+4ステレオ)
  • iPhone/iPodのデジタル接続に対応する専用入力端子を装備。
  • 2 AUX Send & 2 FX Send
  • 4 Group Bus & Stereo Bus
仕様(MGPシリーズ共通)







MGPシリーズ特長



D-PRE

D-PREとは、ヤマハが開発したプレミアムなヘッドアンプに与えた名称。その大きな特徴のひとつであるインバーテッドダーリントン回路は、増幅素子を多段構成にすることで大電流と低インピーダンスを確保。中低域にハリと艶を持たせたスムースな質感をベースに、太く、そしてナチュラルな開放感、空気を感じる音の品位を実現しています。また各チャンネルにはファンタム電源を装備、独立した電源供給がノイズトラブルを防ぎます。

X-pressive EQ

ヴィンテージEQが放つ魅力の謎は、特異なカーブを描く独自の特性に秘められていたのです。数値から追うだけのポピュラーなEQではなく、X-pressive EQではこの急峻なカーブを巧みに採り入れることで、ヴィンテージEQの使い心地を再現。特にライブサウンドでの手法を一変させるまでに昇華しています。

1-Knob Comp

第2世代MGシリーズから搭載されて以来多くの称賛を得た1-knob comp。1つのノブ操作でヴォーカルから楽器まで最適なコンプレッション効果を約束するこの機能がMGPに受け継がれます。専用インジケーターを新たに搭載し、さらに使いやすく、ミックスを引き立てます。

Metal Chassis

歪みや衝撃に強いメタルシャーシに加え、高膜厚のパウダーコーティングは優れた塗装強度を保ちます。またボディー底面には効率的に空間を設けて冷却効果を高めると共に、電源部とアナログ回路部を分離させた内部レイアウトがノイズからの影響を徹底して排除。さらにノブにかかる衝撃をパネル面に分散させ、内部基板へのダメージを吸収する機構も新設計です。

Integrated Rack Ears

MGP専用19インチラックマウントアングルを標準搭載。ライブサウンドでの設置と移動とを繰り返す厳しい環境に、固定設備では高い信頼性といった様々な要求に柔軟に応えます。

注)装着時は11Uのスペースが必要となります。



Internal Power Supply

MGPシリーズでは電源にACインレットタイプの内蔵電源を採用しています。セッティングを容易に、かつ、固定設備におけるラックへのセットアップ時もシンプルな設置が可能です。



Hybrid Channel

ヤマハからの新提案。それがStereo Hybrid Channelです。エンコーダーの下で動くのは完全なデジタル制御システム。強力な自社製DSPを用いることで、アウトボードに頼ることなくコンパクトなボディへの格納に成功しました。動作はボタンひとつで実現でき、アナログミキサーでの直感性をキープ。さらに組み込みが難しかったMid可変の3バンドEQを装備、緻密な音づくりが可能です。Hybrid Channelに入力された音声信号は、独立した高性能な24bitAD/DAコンバータを介し高品位な音質のままデジタル処理されます。



Priority Ducker
固定設備やイベントPAで幅広く使用され、定番といえるのがDuckerです。マイクや特定のソースが入力されている間だけBGMなどの音量を引き下げ、自動化に貢献します。セットアップはきわめてシンプル、減衰量も容易に調整でき、シーンを選ばず柔軟に対応します。

Leveler
録音レベルが異なる各ソースの音量を設定した音量に自動で均一化する機能です。BGMの長時間再生時やミキサーから手を離したいときなどに役立ちます。無人のオペレーションが可能になります。

Stereo Image
固定設備を意識した便利な機能。例えば商空などでは、ソースの片側しか提供できない場合が考えられます。主役となるヴォーカルや楽器が片寄る時も少なくありません。「MONO」か「BLEND」モードを選ぶことで、程良くミックスされたサウンドを提供します。

Dual Digital Effects

高品質で滑らかなサウンドのデジタルリバーブ「REV-X」、世界中で愛されてきたデジタルマルチエフェクトプロセッサ「SPX」。2系統の独立したエフェクターを惜し気もなく搭載。繊細かつ高品位な響きにこだわり、ハイエンド・デジタルミキサーに搭載されるスペシャルプログラム「REV-X」はアナログミキサーでは初のビルトイン。2系統のコラボレーションは、空間表現を豊かにします。




RITTER リッター / RBS7-CO MGB (Misty grey/Leather brown) コルネット用ケース【お取り寄せ商品】

ページの先頭へ